2017/11 123456789101112131415161718192021222324252627282930
私の独り言
先月の29日に、昨年亡くなった叔母の一周忌法要を行いました
前日には、永代供養の為に叔父と叔母の遺骨をお墓から出して、
魂を抜く(そう言った様な気がします)法要も行いました
これからは、お寺で遺骨を預かって頂きます
この後、お墓を片付、墓地はお寺にお返しします

叔母にとって、私と姉が唯一血縁関係の姪達です
今回の法要は、私達夫婦と姉夫婦と亡くなった従兄の奥さんと五人
思えば私の母方は、本当に血縁関係の少ない家系です

叔母の残した公正証書により、私が遺言執行者となり、
今日まで面倒な手続きをして来ました
まずは何から始めたら良いのか弁護士さんに相談し
裁判所に遺言執行者となるべき手続きを弁護士さんに頼み
土地の名義変更を司法書士さんに頼み
相続人の一人が亡くなって居るので、前例のない事に
司法書士さんも困惑し、名義変更に7か月も掛りました
建物の解体を業者さんに頼み
建物の滅失登記を土地家屋調査士さんに頼み
土地の売買する為に不動産屋さんに頼み
その他年金の停止手続きを社会保険労務士さんに頼み
後は、土地が売れたら、遺言どおり税理士さんに遺産の分配手続きを頼みます
土地が思った様に買い手が見付かりません
私の途方では、土地の動きが無く、あちこちに売地の看板が立っています
坪単価を下げても買い手が居ません
解決する迄には、未だ未だ時間が掛りそうです

ある人が『叔母さんは幸せな方だよ。姪っ子さんがみんなやってくれてるもの』
そう言ってくれた人が居て、私も責任を感じ緊張した心が慰められました
自分も、段々年をとって来て、人間いつどうなるか分かりません
終活の大切さを痛感した今日この頃でした