2017/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
お友達からの電話
夕べ、2年前にプチ同窓会をした東京のお友達から電話がありました。

同窓会をした三人のうちで、一人だけ癌を患っていないお友達です。

ところが、お友達は暗い声で 『私ね、乳癌て言われてしまったの・・・』

ステージや治療法は詳しく聴きませんでしたが、

左胸を全摘した方がいいでしょうと言われたそうなんです。

お友達は、亡くなったご主人の七回忌を済ませた翌日に告知されたので、

一人娘の事や自分が起ち上げた会社の行く末が心配になったと言っていました。



予期していなかった突然の電話に私も驚いてしまいました。

こんな時、何て言ってあげたら良いのか、自分が癌告知された時を思い出しました。

私は誰にも言いたくなかったし、心の中でこの試練を乗り越えて行こうと思った。

お友達は、仕方ないから手術はしなくてはならないねって言っていました。

私と話した事で『何だか元気が出たよ、ありがとう』って言ってくれました。

突然だったので、私は力になる話が出来なかったので、

後日、落ち着いて手紙を書こうと思っています