2017/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
お見舞い
社員の奥さんJさんが胃癌の手術の為入院しました
手術をしたら、落ち着く迄お見舞いは控え様と思い、
先週の土曜日、お見舞いに行って来ました
入院中、テレビなど観たくない時や気分転換をしたい時に、
音楽が聴ける様に、CDウォークマンを買って届けました
Jさんは、手術をすれば治るから頑張るって言ってくれました
そして『タイインシテ、ゲンキニナッタラ、オクサンニアイニイキマス』って
明るく、前向きな様子で話してくれました

そして昨日は、手術の日でした
社員は、昨日お休みして、ずっとJさんに付き添いました
・・・今日、社員は出勤して来たのですが、とても暗い表情でした
手術は成功したらしいのですが、
社員が言うには、一ヶ所癌が深く浸透していたらしく、
腹水?に癌が散らばって?しまったと言われたそうなんです
体力が付いたら抗癌剤治療になるみたいです
看護師さんしている社員の妹さんも付き添って、
一緒に術後の説明を聞いたそうなのですが、
摘出した胃を見せる事も無かったのでおかしいと言っていたそうです
良からぬ事ばかりを考えてしまい、
社員は昨夜一睡もできなかったそうです

社員とJさんは、結婚して10年経ちました
以前うちの会社の事務員をしていたYちゃんも同じ頃結婚し、
同じ頃妊娠したのですが、Jさんは間もなく流産してしまいました
偶々昨日、Yちゃんが子供を連れて事務所に来ました
社員の子供もあの時、産まれていたら小学3年生のはず・・・
社員はいつも、Jさんが子供が大好きなのに、
子供が出来ない事を可哀想だと言っていました

執刀医の術後の説明を社員はどんな気持ちで聞いたのか・・・
今日その話を聞いた私も、頭が真っ白状態でした
私が一年前に、扶養家族も健康診断をする様に書類を渡した事がありました
社員は『あの時、無理にでも検査を受けさせればよかった』と、
涙ながらに何度も何度も言っていました
私がプレゼントしたCDウォークマンを気に入ってくれて、
凄くリラックス出来ると喜んでくれたそうです