2017/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
従兄からの電話
今回、従兄弟からの電話で、益々病状の厳しさを知りました。
放射線治療は終わったけれど、肺癌の手術はせず、
抗癌剤治療だけをやっていくそうです。
そして、先月から始まった抗癌剤治療も、
6クールの内2クール終わったそうです。
『お兄ちゃん、耐えられそう?』
『耐えられないなぁ・・・2クールで既に20キロ痩せてしまったよ。
だから、こんな姿を誰にも見られたくないな・・・』


そうだよね・・・・・お兄ちゃん分る分る
私は、そんな従兄にかける言葉が見付からない
一ヶ月ちょっとで、20キロも痩せてしまうなんて、
どんな強い抗癌剤なのでしょう
考えただけでも恐ろしく思う・・・
それを後、半年も続けるらしいのです・・・

抗癌剤は、癌を治してくれるけど、
副作用で身体がダメになってしまいそう・・・
従兄には、癌に負けないで欲しいし、望みがあっての治療なので、
副作用の辛さも乗り越えて欲しいと祈るばかりです。
こんな事言ってはいけないのかも知れませんが、
自分も抗癌剤治療したけれど、やはり抗癌剤は恐ろしいと思う。
だから治療するからには、絶対に効果があって欲しいのです。
従兄の治療が終わって、早く元の身体に戻って欲しいなぁ・・・

先日、従兄の奥さん(やはり私の従姉)から貰った手紙が、
元気のない内容だったのが気にかかる
旦那様が副作用で苦しんでいる姿を見ているのが、
きっと辛いのだろうと思う