2017/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
従兄からの電話
先週から、従兄は入院しました
土曜日に外泊許可を貰い一時帰宅した様です。
その夜、従兄から電話がありました
従兄の治療は、まず放射線治療から始め
それが終わったら入院での抗癌剤治療になるそうです。

『ミミが今現在、元気で居る事が・・・励みになっているよ・・・』と、
泣き声で言葉を詰まらせ言ってくれました
こんな私を励みにしてくれるなんて・・・
従兄の言葉に私も胸が詰まる思いです・・・
いつもは冷静で気丈にしている従兄なので思いもよらぬ事でした。
私が、抗癌剤治療している時は、従兄が励ましてくれました
従兄は、私の話を聞いていたから心強いとも言ってくれました。
でも、話の様子から従兄の病状の厳しさも感じてしまいました
気弱になっているし、ちょっぴり弱音も吐いていました

従兄は、乳児の頃に父親が他界し、母親1人に育てられました。
従兄が中学生の時『僕は慶応ボーイになる!』と言って
母親と二人で田舎を出て東京に行きました。
叔母も教育熱心な人で、1人息子を大学に行かせる為、
私には想像出来ない苦労をした事と思います。
念願叶って従兄は慶応大学に入学し卒業しました。
その後は、エリートサラリーマンで叔母にとって自慢の息子でした。
何と言っても、私の母方のたった一人の従兄です。
お兄ちゃん、悲観せず治療を頑張って長生きして欲しいの・・・